電気・ガス

【節約】効果的な節電方法とは?~節電効果の高い「4大家電」~

【節電】知りたい!最も効果的な節電方法とは

「今月は電気代が高かったな・・・」

昨今、毎月の電気代を何とか減らしたいと考えない人はいないでしょう。

しかし、家電を最新型の省エネ家電に買い替えるお金もないし、待機電力節電のためコンセントを全部抜くというのも面倒すぎるし・・・。

今回は「お手軽」&「効果的」に節電する方法について解説したいと思います。

 

 

1. 最も効果的なのはエアコンの節電

家庭の電気代の中で最も高い割合を占めるのが「エアコン」というのは、周知の事実でしょう。

冬や夏の電気代の高さからもイメージしやすいかと思います。

また、特に夏にくらべて冬は外気との寒暖差が大きいため、その分電気代も高くなってしまいます。

 

そんな電気代の節約に直結する「エアコン」の節電ポイントは、空調をエアコンだけに頼り切らないことです。

例えば、カーテンや雨戸で断熱効果を高め、サーキュレーターで部屋の空気を循環させ、冬は厚着や湯たんぽ、夏は薄着に扇風機を活用するなど、なるべくエアコンの使用を控えたり、設定温度と外気の温度差が小さくなるように工夫しましょう。

また、エアコンは、最初に部屋の温度を上げたり下げたりするのに最もエネルギーを使用するため「頻繁に切ったりつけたりしない」という点も重要です。

 

とはいえ、エアコンの使用を控えすぎた結果、熱中症になって医療費が必要となっては本末転倒です。

いくら高いといっても、エアコンの電気代は、通常1時間あたり20円程度。

電気代以外にも節約効果が高いものはありますので、他の支出をチェックすることも重要です。

 

 

2. エアコンに次いで効果的なのが照明

エアコンに続いて、高い割合を占めるのが照明です。

実際、経済産業省の資源エネルギー庁がまとめた省エネ性能カタログ2015年冬によると、“冬の夕方の電気使用量の内訳については、エアコンが30%、照明が13%、テレビ:11%  、冷蔵庫:6% ”となっています。

※北海道以外の地域で且つ「ガス・石油ストーブ」を使用していない家庭の場合

出典:「省エネ型製品情報サイト」(経済産業省資源エネルギー庁)

 

照明の節電は、電気を使っていることを実感しやすいので、少し気を付けるだけでも削減は可能でしょう。

人がいないのに必要のない照明をつけっぱなしにするのは、水道の蛇口を開けっ放しにしているのと同じです。

LEDなどの省エネ商品に買い替えるのはもちろん、センサーライトなども人がいなければ自動で消えるため意識せずに節電ができて便利です。

 

 

 

 

3. 冷蔵庫とテレビも節電の価値あり

ここまで紹介した2つ以外に節電効果が高いのは、テレビと冷蔵庫です。

さきほど紹介した省エネカタログでも、エアコンや照明に次ぐ高い割合を示していました。

テレビは、画面の明るさを少し暗くするというものがあります。

もちろん、ダラダラとつけっぱなしにするのは避けるのが第一です。

冷蔵庫の節電にあたっては、「扉を素早く開け閉めする」、「冷蔵庫は詰め込みすぎない」「冷凍庫はある程度詰め込む」などといった使い方自体も重要ですが、「冬は設定温度を高めにする」など、設定温度を変えることも効果的です。

 

 

4. 電力会社の変更という方法も

節約のために節電している人にとって見逃せないのが「電力会社の変更」です。

スマホなどから数分程度の手続きをするだけで、今の生活スタイルを全く変えることなく月額料金を安くすることも可能です。

電力自由化に伴って、各社乗り換えキャンペーンを行っており、切替と同時に月額料金割引やキャッシュバックなどの特典があることも。

ネットや携帯など他のインフラと組み合わせて、さらに割引を受けることができる場合もあります。

ぜひ検討してみてはいかかがでしょうか。

 

電力自由化については、別記事に簡単にまとめてあります。

今さら聞けない!?電力自由化とは?どう変わる?
今さら聞けない!?「電力自由化」とは?どう変わる?

今まで電気代は東京電力をはじめとした地域の電力会社に支払うのが当たり前でしたが、2016年4月からは他の会社も選べるようになりました。 今回は今さら聞けない電力自由化の基本について ...

続きを見る

 

 

5. まとめ

  • 節電をするなら、「エアコン・照明・テレビ・冷蔵庫」の節電が効果的。
  • 節約目的なら、電気のムダ使いだけでなく電力会社の乗り換えを活用する。

 

節電し電気代を安くすることは、環境保護、いわゆる「エコ」の観点からも非常に大切ことです。

とはいえ、不便や我慢だらけで体調を崩したりするなど、生活の質が下がってしまっては長続きはしないでしょう。

節約に限らず、何かを行う時は、自己満足に陥らないように、労力とそれに見合った効果、つまり費用対効果を考慮し、優先順位をつけることが大切です。

電気代に限らず、他の節約方法などと組み合わせるなど、家計のトータルコストに着目し、無理のない範囲でバランスよく節電を心がけていきましょう。

-電気・ガス
-

© 2022 お得生活.com