【徹底比較】ヨドバシ・ビック・ヤマダ・ケーズ・エディオン ~長期保証編~

【徹底比較】ヨドバシ・ビック・ヤマダ・ケーズ・エディオン ~長期保証編~

家電を買う時何といってもまずは価格が気になるところですが、高額な家電の場合は「修理・保証」といったアフターサービスも重要なポイントと言えるでしょう。

せっかく安く購入できても、商品が故障した際の修理代金が保証されないとかえって高くついてしまう可能性もあります。

今回は高額な家電を購入する時のために、日本を代表する5大家電量販店の“延長保証”を調査していきたいと思います。

 

1. 延長保証の期間は3年から最長10年まで

保証期間については、各社1年目はメーカー保証を利用するというのは同じですが、その後の延長保証期間についてはそれぞれ特色があります。

全体的に「3~5年」が多いですが、ビックカメラ・ケーズデンキ・エディオンは冷蔵庫やエアコンなどの一部商品に限り10年間保証するサービスもあります。

 

延長保証の保証期間

  • ヨドバシカメラ  5年
  • ビックカメラ   3・5・10年
  • ヤマダ電機         4・6(無料)/3・5年
  • ケーズデンキ   3・5・10(無料)/3・5年
  • エディオン    3・5・10(無料)/5・10年(タブレットは3年)

 

ヤマダ電機やケーズデンキ、エディオンについては、有料延長保証の他に無料保証などもあり、有料延長保証とは異なる保証期間となっています。

これはエアコンや冷蔵庫・テレビ・洗濯機といった特定の商品や購入金額の条件を満たした場合に保証されるもので、何でも保証してくれるわけではありませんが、無料で延長保証してくれるというのは大変魅力的と言えるでしょう。

ちなみに、どの量販店も保証の対象となるのは、原則自然故障のみで、落下や水漏れなど過失による故障は対象外となっています。

また、リモコンといった付属品も保証の対象外です。

 

2. 期間中の修理は何回まで?

修理回数についても各社ごとにルールが異なっています。

有料・無料の違いや購入商品によって変わったりと複雑ですが、ケーズデンキの「無料保証でも無制限」は他社と比べて頭2つ以上抜けていると言えるでしょう。

 

延長保証の修理回数

  • ヨドバシカメラ  1回(洗濯機・エアコン・14型以上のTV・冷蔵庫は無制限)
  • ビックカメラ  累計で購入金額の80%分まで
  • ヤマダ電機         無制限(無料保証のみ・有料は累計で購入金額分まで)
  • ケーズデンキ     無制限(無料・有料どちらでも無制限)
  • エディオン        累計で購入金額分まで

 

ヨドバシカメラは基本1回ですが洗濯機、エアコン、14型以上のテレビ、冷蔵庫に限り無制限となっています。

ビックカメラ・ヤマダ電機とエディオンの有料保証は修理金額の条件付きで無制限となります。

 

 

3. 修理代金は全額保証される?

実際に修理となった場合に保証される修理代金の限度額は気になるところでしょう。

こちらについても各社独自のルールがあるため注意が必要です。

 

延長保証の保証限度額

  • ヨドバシカメラ 2年目:購入金額の80% 3年目:70% 4年目:60% 5年目以降:50%
  • ビックカメラ  2~5年目:購入金額の80% 6年~10年:30%
  • ヤマダ電機      有料保証:購入金額の100%/無料保証 2~3年目:100% 4年目~技術工料のみ
  • ケーズデンキ   有料保証:修理代金の100%/無料保証:修理代金の100%
  • エディオン      有料保証:購入金額の100%/無料保証:100%

 

ヨドバシカメラ・ビックカメラは全額保証ではない。

まず、ヨドバシカメラは残念ながら2年目:購入金額の80%、3年目:70%、4年目:60%、5年目以降:50%と年々減少していきます。

また、実施に修理する際は、一旦修理代金をユーザーが建て替えて、後日店頭で保証限度内の金額分をポイント還元するという変わった仕組みとなっています。

次にビックカメラですが、ヨドバシカメラと同様に全額保証ではありません。

購入してから2~5年目については上限が購入金額の80%まで(80%を超える場合、代替品と交換し同時に保証も終了)となり、6年~10年は上限30%までとスペックダウンしてしまいます。

 

ヤマダ・エディオンは条件付で全額保証

ヤマダ電機は無料保証の場合2~3年目は100%です。

しかし、4年目以降は技術工料のみ保証し部品代・出張費はお客様負担となるため、4年目以降は事実上ほぼ実費修理状態と言っても過言ではありません。

なお、有料保証の場合は購入金額の100%まで(2回以上修理した場合は累計100%まで)となっています。

エディオンは無料・有料保証ともに購入金額の100%まで(2回以上修理した場合は累計100%まで)保証されます。

 

ケーズデンキは有料・無料関係なく全額保証

ケーズデンキは、なんと購入金額までといった上限がなく、修理代金そのものを100%保証しています。

さらに無料・有料保証ともに「100%保証」と、他社よりもかなり手厚くなっています。

 

 

4. 有料延長保証の料金は各社横並び

有料の延長保証料金についてはおおむね各社横並びで税込購入金額の5%となっています。(ヤマダ電機で購入金額が税込33,000円未満の場合は1,100円)

また、およそ1万円以上の商品が対象となります。

なお、エディオンの場合は通常の有料保証のほかに、エディオンカード会員(年会費税込1,078円)に加入すれば無料保証の対象品目が増えるなど他社と異なる仕組みもあります。

 

ちなみに、ヨドバシカメラとビックカメラは別途料金を支払うのではなく購入商品の還元予定のポイントから払います。(ポイント還元が10%ではなく5%となる)

店舗で払う金額が上がるわけではないので、心理的には延長保証を申し込みやすいかもしれません。

 

 

5. 総合的に判断するとケーズデンキ、エディオンが充実

ここまで各社の保証サービスについて比較してきましたが、有料・無料や保証される内容・金額をまとめると以下の通りとなります。

 

家電 延長保証 比較

 

ビックカメラやヨドバシカメラはポイントで申し込みできる反面、3万円を超えるような高額商品に対しては物足りない印象です。

ヤマダ電機も無料の4・6年保証が実際は3年保証程度と考えると保証期間に不安が残ります。

一方、エディオンは無料・有料ともに保証金額や保証期間において充実しており、高額商品でも安心して購入できると言えるでしょう。

しかし何といっても、長い保証期間に加え有料無料を問わず回数も金額も無制限というケーズデンキは群を抜いて手厚い保証となっているのがわかります。

「新製品が安い」をキャッチコピーにしているケーズデンキですが、実は「保証が厚い」が最大の売りなのかもしれません。

 

6. まとめ

一見同じように見える保証サービスですが、比べてみると、思いのほか特色があることがわかりました。

ふだんは10%ポイント還元の迫力などでビックカメラやヨドバシカメラの方が安く感じることが多いですが、3万円を超えるような高額商品については、故障した時のことを考えるとエディオンやケーズデンキで買っておいた方が安心と言えるかもしれません。

なお、記事は掲載当時のデータを基にしています。

実際に商品を購入する際は、公式のホームページや店員の方へ必ず保証の対象有無や期間など確認をお願いいたします。

 

最後に各社の保証サービスのページリンクを記載しておきますので、参考にしてください。

ヨドバシカメラ

有料保証延長保証(ゴールドポイントワランティ)

 

ビックカメラ

有料保証長期保証

 

ヤマダ電機

無料保証無料長期保証

有料保証有料長期保証・家電総合保証サービス「家電保」

 

ケーズデンキ

無料保証長期無料保証

有料保証有料延長保証

 

エディオン

無料保証あんしん修理保証

有料保証有料延長保証

有料保証(有料カード会員向け保証):長期修理保証

 

おすすめ記事一覧

© 2021 お得生活.com